アフタヌーンティー,  ニュース

11月1日より「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」が開催

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」と「ピエール・エルメ・パリ」のコラボレーション・アフタヌーンティーがクリスマスになって開催されます!
マカロンを使った生菓子「イスパハン(Ispahan)」から「サティーヌ(Satine)」というスコーンなど、エグゼクティブペストリーシェフ鈴木氏と総料理長オリヴィエ・ロドリゲス氏の厳選されたスイーツや料理を楽しむことができます。

クリスマスシーズンは特に人気で混雑が予想されますので、早めの予約がオススメですよ!
味も格別、インスタ映えなアフタヌーンティー、ぜひとも楽しんで下さい。

(パルフェドール編集部)

「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」の詳細

PRTIMESより配信

期間:2020年11月1日(日)~12月25日(金)

時間:
アフタヌーンティー 14:00~18:00 (L.O. 16:30) ※1.5時間制
ランチ&アフタヌーンティー 11:30~14:30 (L.O. 13:00) ※平日昼限定、 1.5時間制
ナイト・アフタヌーンティー 18:00~21:30 (L.O. 19:30) ※2時間制
ディナー&アフタヌーンティー 18:00~22:00 (L.O. 21:00) ※ディナータイム限定

料 金:
アフタヌーンティー お一人さま 5,300円
ランチ&アフタヌーンティー お一人さま 5,800円
ナイト・アフタヌーンティー お一人さま 6,500円、 7,500円(シャンパーニュフリーフロー付
ディナー&アフタヌーンティー お一人さま 9,000円

内 容:
「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」
(提供場所:カフェ&バー「リュトモス」)
【スイーツ】イスパハン / ストリングス・セレクト 限定マカロン:ジャルダン アンダル / エモーション アンフィニマン ショコラ / もみの木の蜂蜜のジュレ&柑橘のパンナコッタ / クリスマスツリー・タルト ピスタチオ&ホワイトチョコレートクリーム
【セイボリー】パテ・ド・カンパーニュ フォアグラ、 レッドオニオンのコンポート / ピンクペッパー風味のグジェール / サーモンリエット&ハイビスカス
【スコーン】サティーヌ、 プレーン クロテッドクリームとレモンジャムで
【ドリンク】コーヒー、 紅茶、 ハーブティー、 フレーバーティーなど20種以上のセレクションからお好きなものをお好きなだけお楽しみください。

※ご予約・お問い合わせ:公式サイト または 03-5783-1258(レストラン予約直通)
※表示料金は1名さま分の料金で、 特別表記がない限り、 消費税とサービス料を別途申し受けます。
※本アフタヌーンティーは各種ティースタンド/プレートでのご提供となります。 ティースタンドの種類についての事前リクエストにはお応えいたしかねますので、 あらかじめご了承ください。
※画像はイメージです。

ピエール・エルメ氏について

21世紀のパティスリー界を先導する第一人者。

4代続くアルザスのパティシエの家系に生まれ、 14歳のときガストン・ルノートルの元で修業を始める。 常に創造性あふれる菓子作りに挑戦し続け、 独自の“オート・パティスリー”(高級菓子)のノウハウの伝授にも意欲を燃やしている。

多くのスイーツファンから絶賛を浴び、 同業のパティシエたちからも畏敬されている。 その鬼才ぶりは世界的に認められ、 ヴォーグ誌から“パティスリー界のピカソ”と称賛された。

1998年、 自身のブランド「ピエール・エルメ・パリ」として、 東京赤坂のホテルニューオータニ内に初出店し、 2001年にはパリのボナパルト通りにもブティックをオープン。 2007年、 レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。 現在、 国際的なプロ菓子職人協会「ルレ・デセール」の副会長としても活躍している。 そして2016年、 《世界のベストレストラン 50アカデミー》より「世界の最優秀パティシエ賞」を受賞した。

「ピエール・エルメ・パリ」は高名なコルベール委員会に所属し、 パリ、 ストラスブール、 ニース、 ロンドン、 ドバイ、 ドーハ、 東京、 横浜、 大阪、 神戸、 京都、 香港、 ソウル、 バンコク、 およびマカオなどに事業展開している。