紅茶

【フランス紅茶】マリアージュフレール・ルージュメティス【ROUGE METIS】

フランス流紅茶芸術・マリアージュフレールのフレーバードルイボスティー、「ルージュメティス(ROUGE METIS)」です。

マリアージュフレールは1854年創業の伝統あるフランス紅茶メーカーで、パリに本拠地を構えます。取り扱うお茶は600種類以上とも言われ、30か国以上の国のお茶が取り扱われているとも。

マルコポーロを中心としたフレーバードティーはもちろん、珍しい産地のお茶の取り扱いに定評があります。

日本では銀座を中心としてティーサロンなども存在し、一流紅茶メーカーとしても名高いです。直営店などは百貨店などに多く入っていますが、お茶自体はカルディなどの輸入雑貨店や成城石井などでも見かけることが多いです。

今回のルージュメティスは、リーフティーの華やかさが格別です。バラの花びらやラベンダー、ベリーの果実などがふんだんに入っていて、とても華やかな印象を与えます。

ルージュメティスはルイボスティーがベースのお茶なのでノンカフェインです。寝る前の一杯としても最適なお茶と言えるでしょう。

今回ルージュメティスが入っていた缶は、黒地に黄色いロゴの通常缶ではなく、ショッキングピンクに銀の印字となっていて目を引くようなデザイン性の高い缶です。

缶を開けたとき、ポットにお湯を注いだときなど、バラやラベンダーなどの花々の香りや、甘酸っぱいベリー、さわやかな柑橘、ほんの少し甘やかなバニラの香りがふわりと漂ってきます。

味わいも後味にベリーやローズヒップ、グレープフルーツの酸味を感じるようなフルーティーな味わいです。

缶に記載された推奨の淹れ方は「2.5gのリーフを200mlの熱湯(95℃)で6分ほど蒸らす」となっています。

 

http://www.mariagefreres.co.jp/category_detail.php?type=2&keyword=SANS_THEINE&code=T637

メティス(混血の意)®
ROUGE MÉTIS®
フローラルなルイボスティー
黒と赤い実のフルーツ


文化と人々の交わりへの賛美。柑橘類とスパイス、花とフルーツの香りをつけた美しいルイボスティーです。ピンクグレープフルーツ、ニワトコの実、ローズヒップ、ブルーベリー、そして赤い実のフルーツに、バニラとラベンダーの心地よい香りが広がります。いい香りの庭を想わせる芳香が、すばらしいお茶です。


T637
¥1,900 / 100g