あの人気アイスが再販♪オハヨー乳業【ブリュレ】

〝本物の焼き目にこだわったブリュレアイス。オハヨー乳業独自の製法(特許取得済※)でアイスの表面を焼き上げ、ブリュレの特長であるパリパリとした食感、香ばしくほろ苦い焼き目を実現しました。
香ばしい焼き目の下には、厳選した乳原料を贅沢に使用した濃厚でなめらかなミルクアイス。ほろ苦い焼き目がアイスのおいしさを引き立て、最後まで飽きずにお召し上がりいただけます。〟
(オハヨー乳業株式会社 公式HPより引用)

2017年4月に新発売された当初、大人気で供給が追い付かず、わずか10日で販売休止となったという伝説のアイスクリームが、セブンイレブンより再販されました!

オハヨー乳業のブリュレは、アイスクリームの上にキャラメリゼの層を乗せたもので、クレームブリュレ風のアイスクリームとなります。

お値段は税込¥321と少々お高め。
パッケージに大きくイラストとゴールドの縁がシンプルですが、高級感が感じられます。
また裏にはブリュレの商品説明がありますね。パリパリの木ャラメリゼはなんと特許取得の独自技術で作られているようで、なんとも期待が高まります♪

パッケージを開けると、蓋の裏には『おいしい召し上がり方』の説明。
参考にして食べてみたいと思います。

実際にキャラメリゼ表面はこんがりときつね色に焼きあがっています。
スプーンで表面を叩くと、コツコツ響きます。思ったよりも厚めの層になりますね。
説明通り周囲を少し押して、指が入るようになってきたところでスプーンを入れてみると、パリパリとヒビが入りました!
(プラスチックスプーンでは割れなかったので銀色スプーンがおすすめです!)

まず、バニラアイスはコクがあり、甘すぎないまろやかなアイスクリームです。最初にミルクのコクと甘さがグッと押し寄せてきてはスッと消えていく、後味軽めの口溶けの良い味わいです。この軽やかな口溶けはまるでソフトクリーム食べているようで、たしかに『こだわりぬいたミルクアイス』でした。

次にキャラメリゼ!期待を込めて食べてみると、最初のひと噛みは板チョコのような食感ですが、すぐにザクバリに変わります。その後、溶けてからはじょりじょりとした舌触りに焦がしキャラメルのほろ苦さが味わえます。ほろ苦いのにキャラメルの甘い感じがクセになります!

ミルクアイスのまろやかさと甘さで全体を優しく包み込んでいく中で、キャラメリゼのザクザクからのじょりじょり食感、そしてスーッと広がる焦がしキャラメルの甘くてほろ苦いアクセントになる濃厚な味わいが染み渡っていく感じがたまりません!
キャラメルの濃い甘味が加わることで、ミルクのコクも倍増しになるようで、これは美味しいです。

また、先にアイスが溶けることで口の中には焦がしキャラメルが残るのですが、この食感と後味が続くところもまた良き余韻を楽しめました。

本当に冷たいブリュレを食べていようでとても美味しく頂きました!
チョコレート味もまた再販されたら即購入したいと思います!

 

オハヨー乳業
ブリュレ
321円(税込)
293kcal
2021年04月22日発売